࿎࿎࿎࿎࿎ 入学選考 ࿎࿎࿎࿎࿎


リハビリ専門学校へ入学するとき、覚えておきたいのは入学選考に関する制度です。 学校ごとに入学選考の内容は異なりますが、ここでは一般的に見かける入学選考の事例を見てみましょう。 まず、一般入試です。 高校卒業以上であることが条件ですが、いわゆる5教科のテストを行うことが少なくありません。


このうち、特定の教科のみを試験内容とするケースが目立ちます。 たとえば、国語・数学・英語などのような試験内容です。 また、小論文や面接で自分の考えを述べたり、コミュニケーション能力を見たりということがよくあります。 推薦入試になると、学力テストをパスできるケースが多いです。この場合、小論文と面接、書類審査だけを行うことになりますが、指定校推薦だと、事実上テストを受けずに合格できる可能性もあります。


高校での評定平均によって変わりますが、成績優秀者の場合はチャンスがあるかもしれません。 学校ごとに異なりますが、推薦入試の場合は面接と小論文、一般入試の場合はこれに加えて学力テストがあると覚えておけば間違いはないはずです。 絶対に入りたい学校がある場合は早めに推薦を取ることをおすすめしますが、複数の候補がある場合は学力テストもやっておきましょう。