࿎࿎࿎࿎࿎ リハビリ専門学校に入ろう ࿎࿎࿎࿎࿎


今、社会福祉は日本社会において注目を集めるキーワードとなりました。 その理由は、超高齢化社会と呼ばれる日本の状況を鑑みると、リハビリテーションや福祉に携わる人物が必要だからです。 そこで、リハビリ専門学校では作業療法士や理学療法士などの人材を育成しています。 一方で、学生のなかには、将来は福祉に携わる仕事をしたいと思い、リハビリ専門学校を目指す人もいるかもしれません。


そこで、入学するときの基礎知識をご紹介します。 まずは、入学選考について見てみましょう。 まず、入試試験は一般入試と推薦入試に分かれることが多いです。 一般入試では学力テストと小論文、面接、書類審査がありますが、推薦入試なら学力テストをパスできるケースも多いと言います。 また、指定校推薦の場合、履歴書と面接のみで済む学校もあるため、志望校に対する熱意次第で推薦を勝ち取るのがおすすめです。


入学後の費用についてご紹介します。あくまで一般的な相場ですが、4年間のカリキュラムで500万円程度のお金がかかるようです。 作業療法士や理学療法士を取得する場合、実習を受けなければなりません。 決して安いお金ではありませんが、国家資格を取るために必要な経費と考えておきましょう。 リハビリ専門学校を卒業し、社会福祉施設などで活躍する人材が増えると、超高齢化社会に向けて備えることができます。 このような想いを持つ若者に向け、当サイトではリハビリ専門学校への入学選考と学費その他費用についてご紹介します。


【リハビリ関連サイト】
作業療法士や理学療法士の資格が取得出来る43年の歴史ある専門学校です ・・・ 作業療法士 専門学校